【30代必見!】行動を習慣化して成果をだすための3つのコツを紹介

女性が成果を出す

行動を習慣化するためのコツとは?成果を出すために取り入れたい3つのポイント

行動を習慣化して成果を得よう!30代男性におすすめの方法を紹介

仕事や趣味で目標がある場合、成果を得たいなら「行動を習慣化」するのは有効な手段です。

思い描く目標を達成できれば、ビジネスでも普段の生活でもよりよい結果が得られるというのは誰しもが意識していること。

しかし、

・行動すれば事態が改善できるのは分かっているのにできない

・習慣化しようとしても三日坊主になってしまう

・やろうとしても目標が高すぎて手を付けられない

このような悩みを持つ人は少なくありません。

特に、若い内はなんでも怖がらずチャレンジできたけれど、30代ともなると変化するのが面倒だったり怖かったりなどの感情を持ち、なかなか行動を変えられないという人は多いものです。

そこで、この記事では失敗する要因と習慣化にかかる時間、行動を習慣化させる3つのコツについて紹介します。

失敗する要因やコツが分かれば、これまで出来なかった行動の習慣化がしやすくなり、成果にも繋げられますのでぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
目次

行動の習慣化ができない3つの要因

習慣化とは、生活のなかで意識せずとも行えること、当たり前に行動出来ることを指します。

新しいスキルや知識を得るには行動の変化が必須になりますが、分かっていてもできないのが人間というものです。

ではなぜ行動の習慣化は難しいのか、その要因を3つ解説します。

変化を本能的に恐れている

人間は急激な変化を恐れるホメオスタシス(生体恒常性)という特性を持っています。

ホメオスタシスは、生物の本能として当たり前に持っているもので、外的ストレスが加わるとそれを拒絶し、現状を維持しようとします。

このホメオスタシスをクリアしない限り、新しい習慣を取り入れるのは難しいと言えるでしょう。

目標を高く設定しすぎている

行動を習慣化する場合、目標設定は非常に大事です。

しかし、目標を高く設定しすぎてしまうと、目標をクリアするのが困難になり、続ける気力がなくなってしまいます。

すぐに成果を求めてしまう

すぐに成果を求めてしまうのも、行動を習慣化できない大きな要因です。

成果を出すために習慣化しようとしているのに、行動を起こしたらすぐに結果が出ると期待してしまう人は少なくありません。

短期間で大きな成果を得ようとすると、成果までの道のりが過酷すぎて、これもまたモチベーションの維持が難しくなります。

行動の習慣化に成功するまでの期間とは?

手のひらの時計

ロンドン大学の研究論文「How are habits formed: Modelling habit formation in the real world」によると、実験の結果、行動の習慣化には18日から254日の時間を要したとあります。

習慣化までにかかる時間は行動の内容やその人の特性によっても異なりますが、ある程度長いスパンでみなければいけません。

行動を習慣化して成果を出すための3つのコツ

行動の習慣化に失敗する要因は、

・本能で変化を恐れている

・目標が高すぎる

・即効性を求める

これらが影響して継続できない、というのが挙げられます。

では、いったいどうすれば行動の習慣化はできるのでしょうか。

ここでは、習慣化して成果を得るために行う3つのコツについて解説します。

手の届きやすい目標設定

行動を習慣化させるには、とにかく「継続して行える」というのが重要になります。

たとえば、「1日10冊自己啓発本を読む」「起きている時間は全て資格取得の勉強に費やす」などのように、時間も体力も限られたビジネスマンにとって実現が難しい目標を立ててしまえば、続けたくても挫折してしまいかねません。

継続するためには、続けやすく達成しやすい目標設定が必要になります。

「1日10分読書する」「帰宅後1時間は資格取得のための勉強をする」といった、手の届きやすい目標を立てて、小さな成功体験を重ねていけば、行動の習慣化はしやすくなります。

モチベーションを上げすぎない

なにかに取り組む際、モチベーションを高めるのは大切ですが、行動を習慣化して成果を得るには、やる気に頼りすぎていてはいけません。

モチベーションは時間とともに減ってしまうため、張り切ってはじめてもやる気がなくなると自然にやらなくなってしまうもの。

行動の習慣化とは「行動するのが当たり前」になることです。

モチベーションに頼らず自然に行動できれば、体験を積み上げて成果にも繋げやすくなります。

中長期で目標を設定する

前述した通り、すぐに成果を求め過ぎても失敗する可能性が高くなります。

行動を習慣化させて成果に繋げたいのなら、中長期の目標設定が不可欠です。

「1ヵ月間〇〇をする」「3か月後に〇〇を達成するため、毎日必要な〇〇をこなす」など、長い時間をかけて大きな目標を達成するために日々小さな目標を達成するといった、具体的な目標設定も合わせて行えると、さらに行動の習慣化がしやすくなります。

コツを学んで行動の習慣化を成功させよう!

行動の習慣化は、小さな成功体験を重ねるのが鍵となります。

・継続できる目標設定をする

・モチベーションに頼らず自然に行う

・長めに目標を立てて無理なく続ける

ゴール地点を長めに設定し、毎日こなすタスクは手の届きやすいものにする。

張り切ってやるのではなく、継続してできるように目標設定し、成功を積み重ねて自然にこなせるようにする。

これらのコツを取り入れれば、行動を習慣化して成果を得るのは難しくありません。

習慣化が出来ずに悩んでいるという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

参考:ロンドン大学「How are habits formed: Modelling habit formation in the real world」に関する記事

URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/ejsp.674?deniedAccessCustomisedMessage=&userIsAuthenticated=false

女性が成果を出す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次